コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヤクシカ ヤクシカ Cervus nippon yakushimae; Yakushima deer

3件 の用語解説(ヤクシカの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヤクシカ
ヤクシカ
Cervus nippon yakushimae; Yakushima deer

偶蹄目シカ科。ニホンジカ屋久島亜種。体長1~1.5m,肩高 80cmほどで,他の亜種に比べ体は小さい。角も少く,普通は3尖で 30cm内外。体色は暗褐色。屋久島の森林地帯に生息しており,習性はニホンジカに似る。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

ヤクシカ

ニホンジカの亜種で、屋久島全域に生息する。亜種中では小型で、体長110〜120センチ。体重はオスが25〜50キロ、メスで20〜40キロ。環境省・矢原プロジェクトの推測では、現在島内に8千〜1万五千頭が生息しているという。

(2007-06-17 朝日新聞 朝刊 週刊九州)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヤクシカ
やくしか / 屋久鹿
Yaku deer
[学]Cervus nippon yakushimae

哺乳(ほにゅう)綱偶蹄(ぐうてい)目シカ科の動物。ニホンジカの一亜種で、鹿児島県大隅(おおすみ)諸島の屋久(やく)島に分布する。屋久島は周囲約100キロメートルの島で、九州最高峰の宮之浦(みやのうら)岳がある。夏はその山頂一帯で生息するが、冬は雪に覆われるため、下がって生活する。体は日本に生息するシカのなかで最小で、肩高約60センチメートル、体重30~50キログラムほどである。角(つの)は雄だけにあり、つねに小さく25~33センチメートルにすぎない。とくに第1枝は短く、ほとんど例外なく第4枝を欠き3尖(せん)である。4~5月の落角後ただちに新たな角が発育し、9~10月ごろに完成する。体色は、夏季は赤褐色に白斑(はくはん)があり、冬季では灰色が強く灰茶色で白斑がなくなる。臀(しり)には通年白斑がみられる。秋から冬にかけては小群をなして生活する。5~6月ごろ1産1~2子を産む。妊娠期間は約8か月、生まれた子には親の夏毛と同様に白斑がある。[北原正宣]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のヤクシカの言及

【ニホンジカ】より

…尾の先は白色。典型的なものは本州,四国,九州に分布し,屋久島と沖縄県の慶良間(けらま)列島のものは小型で角が小さく,角の叉がふつう2個しかないので,それぞれ別亜種ヤクシカC.n.yakushimaeおよびケラマジカC.n.keramae(天然記念物)とされる。平地から標高2500mくらいまでの落葉樹林や常緑樹林などに多く見られる。…

※「ヤクシカ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ヤクシカの関連キーワードツシマヤマネコ蝦夷鹿日本鹿アムール虎屋久鹿屋久島空港ベルクマンの法則ツシマジカエゾシカ鹿児島県熊毛郡屋久島町永田

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ヤクシカの関連情報