ヤグルマギク(矢車菊)(読み)ヤグルマギク(英語表記)Centaurea cyanus; corn flower

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヤグルマギク(矢車菊)
ヤグルマギク
Centaurea cyanus; corn flower

キク科の一年草または越年草。ヤグルマソウともいう。ヨーロッパ東・南部原産で,観賞用に庭園や花壇で栽培される。茎は下部で分枝し,高さ 80~100cmとなる。葉とともにやや白色の綿毛をかぶる。葉は互生し,長さ5~10cm,下部のものは倒卵形で浅く羽状に裂け,上部のものは線形で全縁または多少の鋸歯がある。初夏から秋まで,茎の先端に頭状花を単生する。矢車形の頭花は管状花のみから成るが,周辺のものは花冠がやや大型で数片に裂け舌状花のようにみえる。花色は青紫色のものが普通であるが,桃色,鮮紅色,空色および白色など種々の色の品種がある。総包は径1~2cmの壺形である。園芸界ではヤグルマソウということが多いが,ユキノシタ科の山地性の植物に同名のものがあるので,ヤグルマギクといって区別する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ヤグルマギク【ヤグルマギク(矢車菊) cornflower】

一般にはヤグルマソウとも呼ばれて春の花壇や冬の切花によろこばれているキク科の一年草(イラスト)。原産地はヨーロッパ東南部。高さ80~90cm,葉は長披針形で白い毛があり,多数分枝して茎頂に頭状花を単生ししだいに咲き下る。一重咲きの周辺花は舌状花ではなく管状花で,7~8枚の裂弁には大小があり,独特の花型を呈する。八重咲きは中心花もすべて発達した管状花で,扁球形を呈し,総苞は鱗(うろこ)状に苞片が重なっている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のヤグルマギク(矢車菊)の言及

【アントシアン】より

…ときには葉や茎(赤ジソ,赤キャベツ)あるいは根(ハツカダイコン)にも存在する。マーカートL.C.Marquartがヤグルマギクの花の青い色素をギリシア語の花anthosと青いkyanosを表す言葉からアントシアンと名付けたのに始まる(1835)。この一群の色素はほとんどすべて配糖体として存在し,色素の本体であるアグリコン部分はアントシアニジンanthocyanidin,その配糖体をアントシアニンanthocyanin,また両者をとくに区別しないときにアントシアンと呼んでいる。…

※「ヤグルマギク(矢車菊)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

大阪桐蔭高等学校

大阪府大東市にある男女共学の私立高校。1983年、大阪産業大学高等学校(現・大阪産業大学附属高等学校)の分校として設置され、1988年に現名称で独立した。神奈川県横浜市にある桐蔭学園高等学校とは無関係...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android