コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヤグルマソウ

百科事典マイペディアの解説

ヤグルマソウ

ユキノシタ科の多年草。北海道,本州,朝鮮半島深山にはえる。茎は高さ1mに達する。葉は5枚の小葉からなる掌状複葉で,小葉は長さ30cm内外,先が3〜5裂する。6〜7月,茎頂に大型の円錐状の集散花序をつけ,径6〜8mmの白色花を多数開く。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ヤグルマソウ【Rodgersia podophylla A.Gray】

深山谷沿いの湿った林床に生えるユキノシタ科の大型の多年草で,しばしば大きな群落をつくる(イラスト)。根茎は太く肥厚し,長い柄をもつ大きな根出葉がある。葉身は5小葉からなる掌状複葉となり,直径約80cmにも達する。小葉はくさび形で,縁には細かな鋸歯があり,上部はふつう5浅裂して,裂片の先端は尾状の鋭尖形となる。花茎の高さは1mに達し,数個の茎葉を互生する。6~7月,花茎の上部に大型の円錐花序をつくって多数の白い小花を開く。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヤグルマソウ
やぐるまそう / 矢車草
[学]Rodgersia podophylla A. Gray

ユキノシタ科の多年草。茎は直立し、少数の葉を互生する。地下茎は肥厚し、根出葉には長柄がある。葉は掌状で小葉は5枚。ヤグルマソウの名はこの葉形を矢車に見立てたもの。小葉はくさび形で無柄、上部の小葉は3~5裂し、縁(へり)に不ぞろいの鋸歯(きょし)がある。6~7月、茎の先に円錐(えんすい)花序をつくり、多数の花を開く。包葉はなく、花軸には乳頭状の小毛が密生する。花弁はなく、萼片(がくへん)は5枚で白色。雄しべは10本、花糸は花外に出る。(さくか)は広卵形で、2本の花柱は宿存する。深山に生え、北海道から本州、および朝鮮半島に分布する。
 なお、キク科の植物でヤグルマソウの名でよばれるものがあり、本種と混同されることがあるが、キク科のものはヤグルマギク(セントウレア)とよぶほうが望ましい。[籾山泰一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のヤグルマソウの言及

【ヤグルマギク(矢車菊)】より

…一般にはヤグルマソウとも呼ばれて春の花壇や冬の切花によろこばれているキク科の一年草(イラスト)。原産地はヨーロッパ東南部。…

※「ヤグルマソウ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ヤグルマソウの関連キーワードヤグルマギク(矢車菊)ヤグルマソウ(矢車草)宿根黄金矢車草セントウレアヤグルマギクストケシア羽団扇草大矢野戸馳島

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ヤグルマソウの関連情報