コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヤコブセン やこぶせんJens Peter Jacobsen

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヤコブセン(Jens Peter Jacobsen)
やこぶせん
Jens Peter Jacobsen
(1847―1885)

デンマークの小説家。ユトランド半島の港町ディステズの裕福な商家に生まれる。コペンハーゲン大学で植物学を専攻、かたわらシェークスピア、ゲーテ、ハイネ、キルケゴール、フォイエルバハに傾倒、古い信仰を捨てて無神論を奉じる。この間ダーウィンにも傾倒し『種の起原』と『人類の由来』をデンマーク語に翻訳。このころから文学の道に進む決心を固め、まず中編小説『モーンス』(1872)を発表する。自然児として育った青年の愛の喪失と再生を描くこの作は、印象主義的タッチの清新さで、デンマーク文学に新紀元を開くものと評価され、ブランデスを中心におこった新文学運動の旗手となる。以後は、『マリー・グルッベ夫人』(1876)と『ニールス・リーネ』(1880)の2長編のほか、4、5編の短編を残したのみで、病弱の身を独身のまま閉じた。無神論の立場から人間の偉大さと卑小を追求する主題の追求力と、鏤骨(るこつ)の丹念な作風は死後いよいよ高く評価され、ことに詩人リルケが傾倒した。短編『フェンス夫人』は最後の作で、作者の人生の遺書ともいうべき名作。ほかに若干の詩がある。[山室 静]
『山室静訳『ヤコブセン全集』全1巻(1975・青娥書房)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

塞翁が馬

《「淮南子(えなんじ)」人間訓から》人生の禍福は転々として予測できないことのたとえ。「人間万事塞翁が馬」[補説]昔、中国の北辺の塞(とりで)のそばに住んでいた老人の馬が胡(こ)の地に逃げたが、数か月後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ヤコブセンの関連情報