コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヤシーヌ Kateb Yacine

2件 の用語解説(ヤシーヌの意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

ヤシーヌ【Kateb Yacine】

1929~1989) アルジェリアの詩人・小説家。独立運動闘士として活動しながら詩や小説を発表。独立後はアラビア口語による民衆演劇運動を展開。小説「ネジュマ」など。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヤシーヌ
やしーぬ
Kateb Yacine
(1929―1989)

アルジェリアの詩人、小説家、劇作家。代々の学者の家系に生まれ、コーラン学校を経てフランス系学校に入学。在学中独立闘争に目覚め、1945年のデモに参加、逮捕され放校になる。46年詩集『独白』を出版、48年詩『ネジュマ』を雑誌に発表して注目される。49年『アルジェ・レピュブリカン』紙の特派員となり、サウジアラビアスーダン、旧ソ連、中央アジアを旅行した。50年父の死後、ジャーナリストをあきらめ、港湾労働者となり、以後職業を転々とかえた。小説では、とくに、希望と犠牲が同居する、独立前のアルジェリアの化身ともいうべき理想の女性ネジュマNedjmaを主人公に、愛と革命のドラマを綴(つづ)った『ネジュマ』(1956)が、プルースト、カフカばりの芸術性豊かな作品として評価が高い。戯曲に『包囲された屍体(したい)』を含む3部作『報復の輪』(1955)のほか、『知識の粉末』(1967)、『壺(つぼ)を手にするモハメッド』(1971)がある。73年にロータス賞受賞。[土屋 哲]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ヤシーヌの関連キーワード戦争文学レーザレーダ追突警報装置東欧演劇プーク大恐慌世界大恐慌大恐慌アナール学派田中義一内閣東欧映画

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ヤシーヌの関連情報