コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヤスデモドキ(擬馬陸) ヤスデモドキ

1件 の用語解説(ヤスデモドキ(擬馬陸)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ヤスデモドキ【ヤスデモドキ(擬馬陸)】

節足動物少脚綱(エダヒゲムシ綱)Pauropodaに属する微小な多足類の総称。少脚類ともいう。体長0.5~2mm,歩脚は9対,触角の先が枝分れしている。土の中や落葉の下にすむが,数が少なく微小であるため,その姿を見た人は少ない。食性はよくわかっていない。世界で約650種,日本には29種が知られ,白色軟弱なニワヤスデモドキは本州,九州に分布し,褐色で堅くダンゴムシのような形のオビヤスデモドキは四国,九州,琉球諸島などに分布する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ヤスデモドキ(擬馬陸)の関連キーワード唇脚類節足動物唾液腺多足類中腸腺倍脚類付属肢有鬚動物座頭虫管鬚動物

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone