コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヤブコウジ科 ヤブコウジかMyrsinaceae

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヤブコウジ科
ヤブコウジか
Myrsinaceae

双子葉植物サクラソウ目の1科。南北両半球の熱帯,亜熱帯を中心に 35属約 1000種が分布し,南アフリカやニュージーランドにも知られる。高木または低木で,葉は互生し,ときにロゼット状になる。花は総状花序につき両性または単性花,放射相称の4~5数性で,萼片,花弁,おしべは同数。ただし,花弁は下半部で癒合してカップ状の合弁花冠をつくるものが多い。果実は液果または核果となる。日本にはヤブコウジArdisiaの高木 (モクタチバナ〈木橘〉など) が暖地に生えるほか,林床の低木として同属のマンリョウ (万両) ヤブコウジ (藪柑子) などが自生し,かつ観賞用に栽培される。タイミンタチバナ属 Myrsineの諸種も西南日本や小笠原に自生している。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヤブコウジ科
やぶこうじか
[学]Myrsinaceae

双子葉植物、合弁花類。常緑の高木または低木。組織内にタンニン細胞が多い。葉は互生し、単葉で質は厚く、しばしば縁(へり)や葉肉内に腺(せん)細胞がある。花は両性で普通、5数性、まれに4または6数性。花冠は普通、皿形または筒形で先は5裂し、雄しべは5本で花筒上につく。子房は上位または中位、一室で中央に独立する胎座に数個の胚珠(はいしゅ)がつく。果実は核果で外果皮は肉質、内果皮は堅く、中に1、2個の種子がある。世界の熱帯から温帯に広く分布し、33属約600種ある。子房上位のヤブコウジ亜科と、子房中位のイズセンリョウ亜科に分類される。日本には3属12種が野生し、ヤブコウジ、マンリョウ、カラタチバナなどが栽培される。[山崎 敬]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ヤブコウジ科の関連キーワードシマイズセンリョウ藪柑子・薮柑子伊豆千両御門柏笹竜胆三角柏山万両金実橘代々橘大明橘赤玉木百両金深見草姥芽樫茅藤果社茎山削げ木紫金牛籔柑子蔓万両

今日のキーワード

間が持てない

1 時間をもてあましてどうしたらよいかわからない。「待ち時間が長すぎて―◦ない」2 途切れがちの会話などを、うまくつなぐことができない。「無口な相手で―◦ない」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android