ヤブコウジ科(読み)ヤブコウジか(英語表記)Myrsinaceae

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヤブコウジ科
ヤブコウジか
Myrsinaceae

双子葉植物サクラソウ目の1科。南北両半球の熱帯,亜熱帯を中心に 35属約 1000種が分布し,南アフリカやニュージーランドにも知られる。高木または低木で,葉は互生し,ときにロゼット状になる。花は総状花序につき両性または単性花,放射相称の4~5数性で,萼片,花弁,おしべは同数。ただし,花弁は下半部で癒合してカップ状の合弁花冠をつくるものが多い。果実は液果または核果となる。日本にはヤブコウジArdisiaの高木 (モクタチバナ〈木橘〉など) が暖地に生えるほか,林床の低木として同属のマンリョウ (万両) ヤブコウジ (藪柑子) などが自生し,かつ観賞用に栽培される。タイミンタチバナ属 Myrsineの諸種も西南日本や小笠原に自生している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヤブコウジ科
やぶこうじか
[学]Myrsinaceae

双子葉植物、合弁花類。常緑の高木または低木。組織内にタンニン細胞が多い。葉は互生し、単葉で質は厚く、しばしば縁(へり)や葉肉内に腺(せん)細胞がある。花は両性で普通、5数性、まれに4または6数性。花冠は普通、皿形または筒形で先は5裂し、雄しべは5本で花筒上につく。子房は上位または中位、一室で中央に独立する胎座に数個の胚珠(はいしゅ)がつく。果実は核果で外果皮は肉質、内果皮は堅く、中に1、2個の種子がある。世界の熱帯から温帯に広く分布し、33属約600種ある。子房上位のヤブコウジ亜科と、子房中位のイズセンリョウ亜科に分類される。日本には3属12種が野生し、ヤブコウジ、マンリョウ、カラタチバナなどが栽培される。[山崎 敬]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android