コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヤベイナ ヤベイナYobeina

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヤベイナ
Yobeina

原生生物界有孔虫門ネオシュワゲリナ科の化石属。殻は大きく,紡錘形。殻壁は薄く外壁と蜂窩壁の 2層構造で,進化した種では後者はきわめて薄くなる。ペルム紀後期の示準化石。(→有孔虫類

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ヤベイナ【Yabeina】

高等有孔虫フズリナ目ネオシュワゲリナ科の1属で,属名は1914年フランス人J.ドプラによって矢部長克を記念して名付けられた。日本人にささげられた化石属名としてはもっとも古いものであろう。模式種はヤベイナ・イノウエイY.inouei。岐阜県赤坂産のヤベイナ・グロボーサY.globosaなど約40種を含む。フズリナ類のうちで内部形態のもっとも複雑なもの。外形は球形または膨れた紡錘形で,大きなものは短径でも1cm以上になる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ヤベイナの関連キーワードレピドリナ紡錘虫