コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヤルート島 ヤルートトウ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヤルート島
やるーととう
Jaluit

太平洋北西部、ミクロネシアのマーシャル諸島を構成する2列の列島のうち、西側のラリック諸島南部にある環礁。マーシャル共和国(1979自治政府発足)領。南北48キロメートル、東西19キロメートルの細長い菱形(ひしがた)をなして80以上の小島が連なる。陸地面積10平方キロメートル、人口1669(1999)。礁湖の中は45~55メートルの深度を有し、数か所の水道から通過が可能なので最適の泊地をなす。通常、ヤルート島というのはこの環礁全体をさすが、環礁の南東端に位置する主島が本来のヤルート島で、同島のジャボールJaborには日本の委任統治時代(1919~45)ヤルート支庁が置かれ、行政中心地でかつ海軍の根拠地であった。[大島襄二]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ヤルート島の関連キーワードマジュロ[島]マジューロ島ジャルイト島マジュロ南洋諸島

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android