コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヤンダーの式 Jander's equation

1件 の用語解説(ヤンダーの式の意味・用語解説を検索)

法則の辞典の解説

ヤンダーの式【Jander's equation】

固相反応における最も普遍的な速度式.A(s)+B(s)→ C(s)なる固体反応において,B成分よりもA成分が過剰にあって,半径 rB のB成分粒子を完全に被覆し,あたかも液体であるかのような状態になり,かつ生成物のC中の成分Aの拡散が律速段階であると仮定すると,

{1-(1-α)1/22kt

なる式が導かれる.これがヤンダーの式であり.この仮定のモデルが「ヤンダーのモデル」と呼ばれるものである.ここで kk′/rB2 であるが,k′ は成分Aの拡散係数によって定まる定数,rB はB成分粒子の半径,α は反応率である.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ヤンダーの式の関連キーワード反応速度論平衡定数普遍化普遍的論理語普遍的無意識デュンワルト‐ヴァグナーの式表面反応速度式ファントホッフの定圧式ブレンステッド‐ビェルムの式

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone