コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヤンダーの式 Jander's equation

法則の辞典の解説

ヤンダーの式【Jander's equation】

固相反応における最も普遍的な速度式.A(s)+B(s)→ C(s)なる固体反応において,B成分よりもA成分が過剰にあって,半径 rB のB成分粒子を完全に被覆し,あたかも液体であるかのような状態になり,かつ生成物のC中の成分Aの拡散が律速段階であると仮定すると,

{1-(1-α)1/22kt

なる式が導かれる.これがヤンダーの式であり.この仮定のモデルが「ヤンダーのモデル」と呼ばれるものである.ここで kk′/rB2 であるが,k′ は成分Aの拡散係数によって定まる定数,rB はB成分粒子の半径,α は反応率である.

出典 朝倉書店法則の辞典について 情報