コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

律速段階 りっそくだんかい rate limiting step

4件 の用語解説(律速段階の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

律速段階
りっそくだんかい
rate limiting step

継起的な酵素反応系 S→ X1 → X2 →…→Pにおいては,各段階の反応速度 k0S および knXn必ずしも同じでないので,それらのうちの最も遅い段階によって,全体として S→Pの変化の速度が決められてしまう。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典の解説

律速段階

 一連の反応がいくつかの段階に分かれている場合,その一連の反応の中で,最も反応速度が小さく,そこの反応が全体の速さを決めている段階の反応.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

りっそくだんかい【律速段階】

化学反応がいくつかの段階を経て進むとき、そのうちで変化速度が最も遅い反応段階。この反応速度で全体の反応速度が支配される。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

律速段階
りっそくだんかい
rate-determining step

化学反応において一つの全反応を構成する素反応(それ以上分けられない個々の反応)のなかで、もっとも速度が遅く、それによって全反応の速度が決められてしまう素反応をいう。律速反応または律速素反応ともいう。一つの化学反応式で表される反応は、通常いくつかの素反応から成り立っている。素反応のおこる速度(正しくは速度定数)は、それぞれ異なっているから、もしそのなかに他のものに比べてずっと速度が小さい素反応があれば、全体の反応の速度はこの素反応の速度で律せられる。その他の反応は通常これに比べてずっと速く、ほぼ平衡にあると取り扱うことができるから、反応進行時の原系と生成系との自由エネルギーの落差は、すべてこの律速段階の原系と生成系の間にかかることになる。[戸田源治郎・中原勝儼]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の律速段階の言及

【有機化学反応】より

式(12)~(14)を反応(11)の反応機構という。反応の各段階は一般に異なる速度で進行するが,上の例では第1段階(式(12))の反応速度が遅く,全反応速度はこの段階によって規定されるので,反応の律速段階rate determining stepという。反応の経過に際して生じるE,F,Gが実際に単離可能である場合,これらは反応中間体という。…

※「律速段階」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

律速段階の関連キーワード相加平均増分単調関数因数継起素因数酵素-基質複合体律速酵素二重逆数プロット二次形式

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone