ヤールカンド(葉爾羌)県(読み)ヤールカンド(英語表記)Yarkant

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヤールカンド(葉爾羌)〔県〕
ヤールカンド
Yarkant

漢語名はシャーチョー (莎車) 。中国西北地方,シンチヤン (新疆) ウイグル (維吾爾) 自治区南西部,カシュガル (喀什 噶爾) 地区の県。タリム (塔里木) 盆地の西端にあり,ヤールカンド川にのぞむオアシスを中心とする。古くから中国と西アジアを結ぶ交通上の要地で,同じく西域南道に並ぶホータン国とともに玉の産地としてよく知られ,回城 (イスラム教徒居住区) を「ヤールカンド」,漢城 (漢族居住区) を「莎車」と呼んだ。南東のホータン,北西のカシュガルにはさまれて勢力は伸びない面もあった。長く仏教が盛んであったが,10世紀にカラハン朝の領土に入るとイスラム化が進んだ。その後多くの政権のもとで消長を繰返しながら,16世紀カシュガル・ハン国領となり,18世紀中頃に清国の支配下に入った。現在はヤールカンド川から多数の用水路が引かれ,コムギ,トウモロコシ,水稲,ゴマ,リョクトウ,ウリ類を栽培し,養蚕が盛ん。絹,綿,毛の織物や絨毯を産する。石油,石炭が埋蔵されている。人口 53万 7560 (1990) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

天泣

上空に雲がないにもかかわらず,雨が降る現象。風上にある雲からの雨であったり,雨が降ってくる間に雲が移動したり消えたりする場合などに起こる。天気雨,狐の嫁入りともいう。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android