コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ユスチヌス1世 ユスチヌスいっせいJustinus I

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ユスチヌス1世
ユスチヌスいっせい
Justinus I

[生]450頃.ベデリアナ
[没]527.8.1.
ビザンチン皇帝 (在位 518~527) 。マケドニア農民の出身。アナスタシウス1世の近衛司令官となり,帝の死後,元老院と首都コンスタンチノープルの住民に推され即位。キリスト単性論を否認し正統的信仰に帰って,ローマ教皇との 34年間にわたる対立 (アカキウスの分裂) を 519年終息させた。老年であったため養子である甥 (のちのユスチニアヌス1世 ) に政治の実務を行わせていた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ユスチヌス1世の関連キーワードユスチニアヌス朝アナスタシウスホルミスダスヨハネス1世

今日のキーワード

裁量労働制

実際の労働時間がどれだけなのかに関係なく、労働者と使用者の間の協定で定めた時間だけ働いたと見なし、労働賃金を支払う仕組み。企業は労働時間の管理を労働者に委ねて、企業は原則として時間管理を行わないことが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android