コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ユスティナ Justina

2件 の用語解説(ユスティナの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ユスティナ【Justina】

?‐388
ローマ皇帝ウァレンティニアヌス1世の妃。非常に若くして簒奪帝マグネンティウス(在位350‐353)と結婚。のち370年ウァレンティニアヌス1世妃となり,ウァレンティニアヌス2世,ユスタJusta,グラタGrata,ガラGallaの4子をもうけた。375年夫帝の死後,4歳で即位した息子ウァレンティニアヌス2世に代わって実権を振るう。アリウス派キリスト教の信奉者で,386年には息子に親アリウス派的な勅令を出させるなどして,ミラノ司教アンブロシウスと激しく対立した。

ユスティナ【Justina】

キリスト教の聖女。生没年不詳。富裕な家に生まれ,ディオクレティアヌス帝時代にパドバで受洗し,後に胸を剣で刺し貫かれて殉教。6世紀に同市の聖女の墓の上に建立されたサンタ・ジュスティーナ教会が16世紀に再建されて以来,崇敬が広まった。美術ではうら若い王女の姿で表現され,持物は胸に突き刺さった剣やシュロの葉など。アンティオキアの同名の聖女の持物,一角獣(純潔の象徴)を伴うこともある。祝日は10月7日。【荒木 成子】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

ユスティナの関連キーワードパトリオットPAC-3防空システム保育所の民営化台湾・5大市長選クリミアに配置できるロシアの軍事力王徽之王献之謝玄謝石離湖美郷[町]

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone