コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ユトレヒト詩篇 ユトレヒトしへんUtrecht Psalter

世界大百科事典 第2版の解説

ユトレヒトしへん【ユトレヒト詩篇 Utrecht Psalter】

フランスのランス近郊オービレールHautvillersで,820‐830年ころ制作されたと推定される挿絵入り写本。いわゆる〈ランス派〉写本の一つ。現在ユトレヒト大学図書館に所蔵。旧約聖書の《詩篇》のほか,カンティクムCanticum(聖書中,《詩篇》以外に載せられた歌),使徒信条などを含む。豊富な挿絵は羽根ペンによる素描で,テキストを逐一,忠実に図解している。古代風の自然主義的風景や,躍動する人物像などの緊張とスピード感に満ちた描写は,カロリング朝美術の傑作に数えられる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

ユトレヒト詩篇の関連キーワードティエンハウ廟天后宮ハレクラニカントー省金酸

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android