コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ユメザメ Centroscymnus owstonii

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ユメザメ
Centroscymnus owstonii

ツノザメ目オンデンザメ科の海水魚。全長 1.2m。体は細長い紡錘形で,頭部は縦扁する。吻端は丸い。眼は大きく,瞬膜をもたない。呼吸孔は半月形で大きいが,鰓孔は小さい。第1背鰭は第2背鰭より小さい。体は黒褐色胎生深海性で千葉県小湊駿河湾,沖縄諸島周辺,南東オーストラリア,ニュージーランド,南東太平洋,メキシコ湾などに分布する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ユメザメ
ゆめざめ / 夢鮫
[学]Centroscymnus owstoni

軟骨魚綱サメ目ツノザメ科に属する海水魚。日本では駿河(するが)湾などの深海から知られ、ほかにニュージーランドや南アフリカなどから報告がある。深海性のためおそらく全世界の深海に分布するものと考えられる。臀(しり)びれがないこと、第1、第2背びれに棘(とげ)があること、上顎歯(じょうがくし)は直立した小さなナイフ状で、上顎縫合部(最前部)の歯と側方の歯とがほとんど同大であることが特徴。卵胎生。全長1.5メートルに及ぶ。深海延縄(はえなわ)や立縄(たてなわ)で漁獲され、肝臓から油をとり、肉は練り製品の原料になる。[仲谷一宏]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例