コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

瞬膜 しゅんまくnictitating membrane

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

瞬膜
しゅんまく
nictitating membrane

ネコやある種の魚類,無尾両生類 (カエル類) ,多くの爬虫類,ほとんど全部の鳥類眼球にもつ半透明の膜。角膜をおおい,角膜の保護作用をする。その運動は膜中に含まれる平滑筋繊維による。交感神経によって支配されており,上頸神経節から出る神経繊維の刺激は筋の収縮を起し,膜は縮む。ヒトにはないが,痕跡化した半月ヒダがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

しゅん‐まく【瞬膜】

目の角膜とまぶたとの間にある薄膜。伸縮する半透明のひだで、必要時に角膜上を覆って保護する。鳥類・両生類・爬虫(はちゅう)類・サメ類ではよく発達し、哺乳類では退化している。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

しゅんまく【瞬膜 nictitating membrane】

まぶたの下にあり,眼球前面を横切って開閉できる透明な薄膜で,第三眼(がんけん)third eyelidともいう。この薄膜の機能はまぶたの機能とほぼ同じで,開閉することによって角膜を湿らせ,また角膜上の異物を除去する。しかし,まぶたが上下に開閉するのに対し,瞬膜は通常前から後へ動いて角膜をおおう。瞬膜はある種のサメ類,無尾両生類,多くの爬虫類,鳥類などに存在するが,哺乳類では退化している。爬虫類や鳥類では,まぶたは休息や睡眠中に眼を閉じるのに主として使われ,大部分のまばたきは瞬膜が行っている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

しゅんまく【瞬膜】

多くの脊椎動物の眼球の前面をおおって、角膜を保護する透明の薄い膜。無尾両生類や魚類の一部・鳥類・爬虫類では発達しているが、哺乳類では退化して痕跡をとどめるに過ぎない。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

瞬膜
しゅんまく

目の角膜と瞼(まぶた)の間に存在する薄膜をいい、脊椎(せきつい)動物のうち、サメ類、無尾両生類、爬虫(はちゅう)類、鳥類にみられる。結膜のひだとして生じ、目の内角より発して角膜上に広がっている。瞬膜には瞬膜腺(せん)またはハルダー腺とよばれる皮脂腺に類似の腺があり、その分泌液は角膜と瞬膜の摩擦を少なくする。哺乳(ほにゅう)類では瞬膜は内角に痕跡(こんせき)的に残り、結膜半月(はんげつ)ひだとよばれ、瞬膜腺も退化している。[八杉貞雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の瞬膜の言及

【鳥類】より

…したがって,レンズがヒトのものより柔らかく,調節筋はよく発達している。そのうえ,多くの鳥では調節力をいっそう大きくするために角膜の凸度も調節でき,アビや海ガモ類では瞬膜(まぶたの下にあって角膜を覆うことのできる透明な膜)が一種の補助レンズの働きをしている。 鳥の視力がすぐれているのは,主として視細胞の数が非常に多いことによる。…

【まぶた(瞼)】より

…爬虫類では,多くは上と下のまぶたのどちらも可動性であるが,目を閉ざすのは普通下のまぶたである。爬虫類,鳥類,および哺乳類では,第3のまぶたである瞬膜が発達する。瞬膜は内側上方から外側下方へ動いて角膜を清掃し,湿りけを与える働きをする。…

※「瞬膜」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

瞬膜の関連キーワードメジロザメ(目白鮫)魚類/主要用語解説バセットハウンドブラッドハウンドアブラツノザメオオアタマガメまぶた(瞼)ヨシキリザメメジロザメドチザメユメザメ脊椎動物江戸油鮫カエルラブカ目白鮫ワニ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android