コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ユリウス=クラウディウス朝 ユリウスクラウディウスちょう

世界大百科事典 第2版の解説

ユリウスクラウディウスちょう【ユリウス=クラウディウス朝】

第5代までのローマ皇帝の家系名。ユリウスJulius家,クラウディウスClaudius家は共にローマの氏族中の名門であるが,初代皇帝ユリウス家のアウグストゥス(在位,前27‐後14)はクラウディウス家のティベリウス(在位14‐37)を彼の後継者として養子とし,両家は結合した。ティベリウスの後,カリグラ(在位37‐41),クラウディウス(在位41‐54),ネロ(在位54‐68)と続くが,68年ネロの自殺により断絶した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のユリウス=クラウディウス朝の言及

【ローマ】より

…属州統治においてはとくに西部では旧来の都市同盟(コイノン)を属州会議(コンキリウム・プロウィンキアエconcilium provinciae)として利用し,皇帝礼拝を許可して帝国の統一を図った。 続く皇帝ティベリウス(在位,後14‐37),カリグラ(在位37‐41),クラウディウス1世(在位41‐54),ネロ(在位54‐68)は,アウグストゥスのユリウス家と,妻リウィアのクラウディウス家の枠内で帝位が移ったのでユリウス=クラウディウス朝と呼ばれる。ティベリウスは元老院との協調性において欠けるところがあり,親衛隊長セイアヌスの専断のゆえもあって,政治的密告と恐怖政治が続いた。…

※「ユリウス=クラウディウス朝」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android