コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ユリヤガイ Julia japonica; bivalved gastropod

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ユリヤガイ
Julia japonica; bivalved gastropod

軟体動物門腹足綱ユリヤガイ科。長 5mm,殻高 4mm,殻幅 3mm。体長 7mmほど。体は細長いナメクジ状で緑褐色。頭部には先端が切断状になった一対の触角があり,その後方に接近して並ぶ一対の眼がある。体の背面は一見二枚貝と区別のつかない二枚の殻で左右からおおわれる。刺激を受けると殻の中に引込み,2枚の殻を閉ざす。殻は厚質堅固,卵形で,緑色,ときに黄緑または黄褐色。殻頂は後方へ湾曲し,腹縁は後端が角張り,前縁は丸みがある。殻表は平滑。左殻は巻いた胎殻があり本来の殻であるが,右殻はふたを失ったのちに二次的にできる。長い間,二枚貝類とされていたが,二枚の殻をもった腹足類であるタマノミドリガイの発見がきっかけとなって,ユリヤガイも腹足類の一員であることがわかった。本州の房総半島・富山湾より沖縄に分布し,潮間帯下の海藻フサイワヅタの上にすむ。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ユリヤガイ
ゆりやがい
[学]Julia borbonia japonica

軟体動物門腹足綱ユリヤガイ科の巻き貝。この貝は2枚の殻をもつので二枚貝類と思われていたが、川口四郎が生貝を観察して後鰓(こうさい)類であることを確認した。伊豆半島から沖縄に分布し、山口県萩(はぎ)市見島(みしま)に多く、海藻のフサイワヅタの上にすんでその液を吸う。殻長5ミリ、殻高4ミリ、殻幅3ミリで、軟体は細長く、緑色で堅固。殻頂は後方へ強く曲がる。左殻には巻いた小さい胎殻があるが、こちらが本来の殻で、右殻は二次的に形成されたものである。頭には一対の触角があって、その基部に目があり、足裏は平らである。同じように二枚貝に似た殻をもつ後鰓類には、タマノミドリガイBerthetellina limaxなどがある。[奥谷喬司]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のユリヤガイの言及

【タマノミドリガイ(玉野緑貝)】より

…瀬戸内海,日本海,能登半島などの浅所の岩礁上に生える海藻のフサイワヅタの上にすむ。 近似種のユリヤガイJulia japonicaはやはり緑色の2枚の殻をもち,殻の長さ5mm,高さ4mm,幅3mmくらいで,紀伊半島から沖縄,日本海の見島に分布し,コイワヅタの上にすむ。【波部 忠重】。…

※「ユリヤガイ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android