ヨアニス メタクサス(英語表記)Joánnes Metaxas

20世紀西洋人名事典「ヨアニス メタクサス」の解説

ヨアニス メタクサス
Joánnes Metaxas


1871 - 1941
ギリシア軍人,政治家。
陸軍大将。
プロセイン軍事アカデミーで学び、1897年ギリシャ・トルコ戦争、1912〜13年バルカン戦争で功績を残し、’16年将軍となる。第一次大戦ではギリシャの中立を主張、トルコ領西アナトリア攻略に反対。王党派で’24年王制廃止で亡命、’35年ゲオルギオス2世の復位首相に任命され、’38〜41年まで独裁政を施行、全体主義的な政策で、財政と軍事的再建遂行、’40年ムッソリーニの侵入を止め、イタリア軍を撃退するが、メタクサス死後’41年ドイツ占領下に落ちる。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android