コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヨウィアヌス ヨウィアヌス Jovianus, Flavius

2件 の用語解説(ヨウィアヌスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヨウィアヌス
ヨウィアヌス
Jovianus, Flavius

[生]331頃.シンギドヌム
[没]364.2.17. ダダスタナ
ローマ皇帝 (在位 363~364) 。ユリアヌス帝に従いササン朝ペルシアに遠征。帝の死後即位し,ペルシアに東方の領土を与え,屈辱的な和を結び,遠征軍の無事撤退をはかった。コンスタンチノープルへの帰還の途中に死んだ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ヨウィアヌス【Flavius Jovianus】

331ころ‐364
ローマ皇帝。在位363‐364年。シンギドゥヌム(現,ベオグラード)に生まれ,軍隊に入り,将軍としてユリアヌス帝のペルシア遠征に従った。363年帝が戦死すると,軍によって皇帝に推された。彼は直ちにペルシア王シャープール2世と屈辱的な講和を結び,ディオクレティアヌス帝以来獲得したローマ東方領をニシビス,シンガラ両市を含めて割譲した。コンスタンティノポリスへ帰還する途中,ダダスタナで死去した。熱心なカトリック信者であったが,異教に対してはなお寛容な態度を示した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ヨウィアヌスの関連キーワードジギスムントテオドシウスネルワフランツ[2世]Leopold II(神聖ローマ皇帝)Leopold I(神聖ローマ皇帝)フェデリコ[2世](神聖ローマ皇帝)レオポルト[1世](神聖ローマ皇帝)レオポルド[2世](神聖ローマ皇帝)ローマ皇帝

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone