コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヨウィアヌス Jovianus, Flavius

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヨウィアヌス
Jovianus, Flavius

[生]331頃.シンギドヌム
[没]364.2.17. ダダスタナ
ローマ皇帝 (在位 363~364) 。ユリアヌス帝に従いササン朝のペルシアに遠征。帝の死後即位し,ペルシアに東方の領土を与え,屈辱的な和を結び,遠征軍の無事撤退をはかった。コンスタンチノープルへの帰還の途中に死んだ。熱心なカトリック教徒でユリアヌスが復興した異教を弾圧し,教会に対して保護政策をとった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ヨウィアヌス【Flavius Jovianus】

331ころ‐364
ローマ皇帝。在位363‐364年。シンギドゥヌム(現,ベオグラード)に生まれ,軍隊に入り,将軍としてユリアヌス帝のペルシア遠征に従った。363年帝が戦死すると,軍によって皇帝に推された。彼は直ちにペルシア王シャープール2世と屈辱的な講和を結び,ディオクレティアヌス帝以来獲得したローマ東方領をニシビス,シンガラ両市を含めて割譲した。コンスタンティノポリスへ帰還する途中,ダダスタナで死去した。熱心なカトリック信者であったが,異教に対してはなお寛容な態度を示した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ヨウィアヌスの関連キーワードウァレンティニアヌス(1世)ウァレンティニアヌス[1世]ウァレンチニアヌス1世エウトロピウス

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android