コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヨウ素131 ヨウそひゃくさんじゅういちiodine 131

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヨウ素131
ヨウそひゃくさんじゅういち
iodine 131

β崩壊する放射性同位元素の一つで,ウランなどの核分裂により生じる核分裂生成物の代表的核種。記号は 131I 。核実験原子炉事故で放出される放射性物質,いわゆる「死の灰」のうち,気体状のため最も一般環境へ拡散しやすい。 1986年のチェルノブイリ原発事故の際にも,日本で観測された。半減期は約8日と短いが,人体に入ると甲状腺に集中し発癌の原因となる。逆にその投与により甲状腺の放射線治療に用いられることもある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ヨウ素131の関連キーワードチェルノブイリ原子力発電所事故スリーマイル島原子力発電所福島第一原子力発電所事故国際原子力事象評価尺度核分裂と放射性物質東海村臨界事故テルルと銀トレーサー放射性沃素放射線療法土壌汚染内部被曝放射能

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ヨウ素131の関連情報