ヨガ

  • 〈梵〉yoga

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (yoga)⸨ヨーガ⸩ 冥想により心を静め、寂静の神秘境にはいり絶対者(ブラフマン・アートマン)との合一を目ざす正統バラモンの修行法。身体に苦行を与える特殊な姿勢をとる行法が行なわれ、近年では健康や美容を目的としても使われる。
※美的生活を論ず(1901)〈高山樗牛〉六「昔者印度に瑜珈(ヨーガー)と称する苦行の学徒ありき」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ロジ担

《「ロジ」は「ロジスティクス」の略。「後方支援担当」の意》日本の外務省で、国際会議などの舞台裏の庶務担当者をいう。政府首脳の外国訪問の際の宿舎、乗り物の手配なども担当する。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ヨガの関連情報