コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヨコクビガメ ヨコクビガメ Pelomedusidae; side-necked turtle; hidden-necked turtle

2件 の用語解説(ヨコクビガメの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヨコクビガメ
ヨコクビガメ
Pelomedusidae; side-necked turtle; hidden-necked turtle

カメ目ヨコクビガメ科に属するカメ類の総称。甲羅の中に頭を引込むことができず,頸を横に曲げて甲羅の横に押しつける。この方式は,垂直方向に頸を曲げて頭を甲羅の中に引込む場合より原始的であり,古い地質時代から普通のカメ類とは別の進化をとげてきた証拠であると考えられている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヨコクビガメ
よこくびがめ
side-necked turtle

爬虫(はちゅう)綱カメ目ヨコクビガメ科に属するカメの総称。この科Pelomedusidaeの仲間は曲頸(きょくけい)亜目の一群で、長い頭頸部を水平に曲げて、背甲と腹甲の間に隠すが、頭部は完全には収納されない。5属18種が知られ、湖沼、河川の淡水にすむ。ヌマヨコクビガメPelomedusa subrufaはアフリカ中部・南部、マダガスカル島に分布し、甲長約25センチメートル、餌(えさ)は魚、エビ、ミミズなどで、性質が荒い。アフリカ産のヨコクビハコガメ属Pelusiosは腹甲中央部が蝶番(ちょうつがい)状になっている。南アメリカ産のオオヨコクビガメPodocnemis expansaは甲長1メートルに達し、産卵のため集団で砂地に上陸する。[松井孝爾]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ヨコクビガメの関連キーワードカメレオン海亀臭亀スチールカメラ陸亀イシガメ(石亀)ハコガメ(箱亀)ヘビクビガメ(蛇頸亀)リクガメ(陸亀)

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone