コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヨツメウオ four‐eyes

世界大百科事典 第2版の解説

ヨツメウオ【four‐eyes】

メダカ目ヨツメウオ科の魚で1属Anablepsの3種を含む(イラスト)。この仲間は両眼の瞳孔が水平の仕切りで上下に分かれ,眼が四つあるように見える。メキシコ南部,中央アメリカから南アメリカ北部にかけて分布し,淡水ならびに汽水域に生息する。原産地でもquatro ojos(四ツ目)と呼ぶ。近縁のメダカに似た体型をもち,全長30cmに達する。上方に突き出た眼の仕切りを水面に合わせて泳ぎ,空中のものは上の瞳孔,水中のものは下の瞳孔を通して,同時に見ることができる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヨツメウオ

ヨツメウオ属」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヨツメウオ
よつめうお
four-eyed fish
[学]Anableps anableps

硬骨魚綱メダカ目ヨツメウオ科に属する汽水魚。属名でアナブレプスともよばれる。中央アメリカ熱帯部から南アメリカの北岸に分布。河口、マングローブ帯などの沿岸水域に生息し、ときには淡水中に侵入する。目は頭部上面に位置し、角膜が帯状の皮膚組織で水平に上下2部に仕切られており、上部を水面上に出して遊泳する。水面上と水中から別々に入った光は1個のレンズを通り、やはり2部に分かれた網膜に別々に像を結ぶ。全長30センチメートルに達する。ヨツメウオは卵胎生で、雄の臀(しり)びれは肥厚した棒状の交尾器に変形している。産出される仔魚(しぎょ)は全長3~4センチメートル。本種を含むアナブレプス属には、分布域がヨツメウオとほとんど同じであるミクロレピスA. microlepisと中央アメリカにのみに分布するドビーA. doviiがある。[多紀保彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ヨツメウオの関連キーワード四目魚胎生魚

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android