ヨハネス・クリソストモス(読み)よはねすくりそすともす(英語表記)Johannes Chrysostomos

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヨハネス・クリソストモス
よはねすくりそすともす
Johannes Chrysostomos
(344/354―407)

三大ギリシア教父の一人。卓越した雄弁のゆえに「金の口」(クリソストモス)とたたえられる。アンティオキアに生まれ、その地の聖書解釈の伝統を継承。山岳での修道生活ののち、386年以後アンティオキアで司祭として司牧に活躍し、398年には首都コンスタンティノープルの主教に推されるが、宮廷の腐敗に対する容赦ない批判で反感を買い、403年「かしわの木の教会会議」で罷免された。流謫(るたく)の地、黒海に達する前に、追放の旅の途上で死去。思弁的神学においてよりは、実践的司牧、ビザンティン典礼の確立などにおいて比類のない足跡を残し、大バシレイオスとともに、東方教会の伝統の礎(いしずえ)となった。現存する著作は多いが、浩瀚(こうかん)な『マタイ伝講解』Homiliae in Matthaeumが特筆されるべきものである。[谷隆一郎]
『アダルベール・アマン著、家入敏光訳『教父たち』(1972・エンデルレ書店) ▽J. Quasten Patrology (1975, Spectrum, Utrecht, Antwerp) ▽B. Altaner Patrologie (1978, Herder, Freiburg, Basel, Wien)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アイントホーフェン

オランダの生理学者。旧オランダ領ジャワ島のスマランに、陸軍軍医の子として生まれた。陸軍の給費学生としてユトレヒト大学に学び、医師となった。1886年ライデン大学の生理学教授に任ぜられ、兵役を免除された...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android