コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヨハネス10世 ヨハネスじっせいJohannes X

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヨハネス10世
ヨハネスじっせい
Johannes X

[生]?. トッシニャーノ
[没]929. ローマ
トッシニャーノ出身の第122代教皇在位 914~928)。914年3月,ラベンナ大司教を務めていたときに,教皇ランドゥス(在位 913~914)の後継者に選ばれた。ベネディクト会から新たに分派したクリュニー会(→クリュニー修道院)の厳格な戒律を承認した。また,南イタリアからサラセン人(→サラセン)を駆逐するために,ビザンチン皇帝やイタリア王ベレンガーリョ1世(在位 888~889,898~924)と同盟を結んだ。915年8月,ローマの元老院議員テオフィラクツスおよびスポレト公(→スポレトアルベリック1世と連合し,ガリリャーノ川でサラセン軍を打ち破った。915年12月にベレンガーリョ1世を西ローマ皇帝の座につかせ,その死後は後継者のイタリア王ウーゴと同盟してローマの貴族社会から距離を置こうとした。このことに激怒したテオフィラクツスの娘マロツィアにより,サンタンジェロ城に幽閉され,そこで死亡したとされる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ヨハネス10世の関連キーワードテオドラレオ6世

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android