ヨハネ黙示録(読み)よはねもくしろく(英語表記)Revelation of John

日本大百科全書(ニッポニカ)「ヨハネ黙示録」の解説

ヨハネ黙示録
よはねもくしろく
Revelation of John

『新約聖書』における最後の書で、黙示文学の系譜に属する。著者ヨハネについては不明な部分が多い。イエスの十二使徒の一人とする説や、『新約聖書』の他のヨハネ文書の著者と比定する説もあるが、いずれも学説的には支持しがたい。宛先(あてさき)は小アジアの諸教会であり、執筆の場所も同じく小アジアの都市であったと推定される。執筆年代は、ローマ皇帝ドミティアヌスの治(81~96)の末期、キリスト教会に対するローマ帝国の迫害がようやく激烈さを増し、ローマ国権による皇帝礼拝の強制が行われつつあった時期である。厳しい迫害にさらされている教会に対し、主の再臨の近いことを告げ、希望と慰めを与えることを目的として書かれた文書である。この世の終末と新しい世界の出現が、ユダヤ黙示文学の手法に従って、絵画的に描き出されている。

[山形孝夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「ヨハネ黙示録」の解説

ヨハネもくしろく【ヨハネ黙示録】

新約聖書中の一書。九五年ごろのローマのドミティアヌス帝によるキリスト教迫害を背景に成立。七つの教会への手紙、および七つのの部分からなる。特にサタンと戦う神の子としてのキリストを描き、世の終わりに至るまでの教会の姿を記して、神の意志を示したもの。アポカリプス黙示録

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

青天の霹靂

《陸游「九月四日鶏未鳴起作」から。晴れ渡った空に突然起こる雷の意》急に起きる変動・大事件。また、突然うけた衝撃。[補説]「晴天の霹靂」と書くのは誤り。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android