ヨハン ホイジンガ(英語表記)Johan Huizinga

20世紀西洋人名事典の解説

ヨハン ホイジンガ
Johan Huizinga


1872.12.7 - 1945.2.1
オランダの歴史家,文明評論家。
元・ライデン大学長。
フローニンゲン生まれ。
フローニンゲン大学で、オランダ、古代インドの言語・文学を学び、ドイツ留学後、1897年古代インド学で学位を取得した。西ヨーロッパ中世史の研究に転じ、1905年フローニンゲン大学の教授に就任し、’06年ライデン大学教授となる。’29〜42年までアムステルダムの王立科学アカデミー言語学部・史学部部長を務め、’32年ライデン大学長、’33年アカデミー総裁を歴任。主著に「中世の秋」(’19年)、「エラスムス」(’24年)、「明日の影の中で」(’35年)等がある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

山鉾

神社の祭礼に引かれる山車の一つ。車の台の上に家や山などのつくりものをして,その上に鉾やなぎなたなどを立てたもの。平安時代の大嘗祭に悠紀(ゆき),主基(すき)の両国から出された標山(しるしのやま)に始ま...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android