コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ライニッシェスシーファーゲビルゲ ライニッシェスシーファーゲビルゲRheinisches Schiefergebirge

1件 の用語解説(ライニッシェスシーファーゲビルゲの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ライニッシェスシーファーゲビルゲ
Rheinisches Schiefergebirge

ライン片岩山地ともいう。ドイツ中西部,ビンゲンより下流のライン川により切断されてその両側に広がる高原状の山地。ドイツ中位山地の一部。標高 700~800m。おもにデボン系の泥板岩粘板岩,硬砂岩などから構成され,各地でスレートの採取が行われる。ライン川の西側はアイフェル山地とフンスリュック山地で,前者には一部に火山活動がみられ,ラーハー湖などのマールがある。ライン川の東側にはタウヌス山地,ウェスターワルト,ザウアーラントがある。一般に高所は森林でおおわれるが,浸食平坦面は牧場,耕地として利用されている。保養地,観光地も多い。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone