ラウエの斑点(読み)ラウエのはんてん(英語表記)Laue pattern

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラウエの斑点
ラウエのはんてん
Laue pattern

結晶によるX線回折図形の1つ。単結晶に連続X線を入射すると,ブラッグの条件に合った波長のX線が結晶の格子面によって回折され,入射X線と2θ (θはブラッグ角) の方向に回折X線が生じて後方に置かれたX線フィルムに多くの斑点ができる。これをラウエの斑点と呼び,結晶の方位の決定などに用いられる。平板状のX線フィルムでは1つの晶帯に属する格子面によるラウエの斑点は中心を通る楕円上に生じ,対称的な模様をつくる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android