コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラウシェンブッシュ ラウシェンブッシュRauschenbusch, Walter

2件 の用語解説(ラウシェンブッシュの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラウシェンブッシュ
ラウシェンブッシュ
Rauschenbusch, Walter

[生]1861.10.4. ロチェスター
[没]1918.7.25. ロチェスター
アメリカバプテスト神学者。アメリカにおける社会的福音運動の指導者。ドイツに留学後ロチェスター大学と神学校で学ぶ。ドイツからの移民や労働者の多く住むニューヨークの貧民街に近い第2バプテスト教会の牧師をつとめ,信徒の貧困とそれに由来する肉体的・精神的障害を体験して,社会的救済に関心をもつようになった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ラウシェンブッシュ【Walter Rauschenbusch】

1861‐1918
アメリカの神学者で社会的福音の代表的提唱者。バプティスト系のロチェスター神学大学教授(1897以降)。資本主義社会の生みだす社会問題キリスト教が関心を持って取り組むべく,従来の個人的福音に対して社会的福音を説き,アメリカの教会が社会問題に対する態度を変えるのに大きな貢献をした。主著に《キリスト教と社会的危機》(1907)や《社会的福音の神学》(1917)がある。【古屋 安雄】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のラウシェンブッシュの言及

【社会的福音】より

…それまで個人の魂の救いのみにかかわっていた福音を,社会的な救いをももたらす福音として理解し,児童労働の廃止,労働条件の改善などの,主として労働者の社会問題に取り組み,19世紀末から20世紀初期にいたるアメリカの教会と神学の一大勢力となった。代表的な指導者には,オハイオの会衆派教会の牧師で《社会的救い》(1902)を書いたグラデンWashington Gladden(1836‐1918),ハーバード大学の神学教授でユニテリアン派の牧師ピーボディFrancis G.Peabody(1847‐1936),シンシナティの会衆派教会の牧師で福音派同盟の総幹事として運動を組織化したストロングJosiah Strong(1847‐1916),そして社会的福音を人々の心と魂に訴えた北バプティスト派のロチェスター神学大学教授ラウシェンブッシュWalter Rauschenbusch(1861‐1918)がいる。とくにラウシェンブッシュの《キリスト教と社会的危機》(1907)や《社会的福音の神学》(1917)は多くの人々に読まれた。…

【社会的福音】より

…それまで個人の魂の救いのみにかかわっていた福音を,社会的な救いをももたらす福音として理解し,児童労働の廃止,労働条件の改善などの,主として労働者の社会問題に取り組み,19世紀末から20世紀初期にいたるアメリカの教会と神学の一大勢力となった。代表的な指導者には,オハイオの会衆派教会の牧師で《社会的救い》(1902)を書いたグラデンWashington Gladden(1836‐1918),ハーバード大学の神学教授でユニテリアン派の牧師ピーボディFrancis G.Peabody(1847‐1936),シンシナティの会衆派教会の牧師で福音派同盟の総幹事として運動を組織化したストロングJosiah Strong(1847‐1916),そして社会的福音を人々の心と魂に訴えた北バプティスト派のロチェスター神学大学教授ラウシェンブッシュWalter Rauschenbusch(1861‐1918)がいる。とくにラウシェンブッシュの《キリスト教と社会的危機》(1907)や《社会的福音の神学》(1917)は多くの人々に読まれた。…

※「ラウシェンブッシュ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

ラウシェンブッシュの関連キーワード炭酸塩岩脈文久ムラヴィヨーフ流紋岩ディフェンス咸豊帝万延桂文治(5世)イタリア史カナダ文学

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone