コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラウトカ Lautoka

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラウトカ
Lautoka

南太平洋,フィジーのビティレブ島北西岸にある都市。サトウキビ栽培地帯の中心地で,精糖工場,砂糖輸出港がある。海岸道路で首都スバと連絡している。人口2万 8728 (1986) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ラウトカ
らうとか
Lautoka

南太平洋、フィジーのビチ・レブ島北西岸にある都市。人口4万5700(2003推計)で、首都スバに次ぐ同国第二の都市。国際空港のあるナンディの北32キロメートルで、ヤサワ諸島など西部リゾート地区への観光の起点にあたる港町。精糖工場があり、砂糖の積出し港。[大島襄二]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ラウトカの関連キーワードコロヤニツ国立遺産公園ビティ・レブ[島]ビジェイ シン

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ラウトカの関連情報