コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラグランジュの平衡点 ラグランジュのへいこうてん Lagrangian points

1件 の用語解説(ラグランジュの平衡点の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ラグランジュのへいこうてん【ラグランジュの平衡点 Lagrangian points】

三体問題の特別な場合として,1個の天体の質量が無視できるほど小さくて,さらに他の2個の天体が共通重心のまわりに円運動を行うとき,共通重心を原点としてx軸上につねに2天体がのるような回転座標系を考えると,x軸上の3個の点および2天体とともに正三角形をなす2個の点は平衡点となる。つまり質量0の第三天体はそこで静止を続けることができる。これは1772年にJ.L.ラグランジュによって見つけられた解で,これらの点をラグランジュの平衡点という。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ラグランジュの平衡点の関連キーワード超幾何分布天体力学軌道長半径ラグランジュ点臨界相距離指数(天文学)ハートリーの近似ラグランジュの摂動方程式松隈健彦ノーアスペクト

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone