コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラグランジュの平衡点 ラグランジュのへいこうてんLagrangian points

世界大百科事典 第2版の解説

ラグランジュのへいこうてん【ラグランジュの平衡点 Lagrangian points】

三体問題の特別な場合として,1個の天体の質量が無視できるほど小さくて,さらに他の2個の天体が共通重心のまわりに円運動を行うとき,共通重心を原点としてx軸上につねに2天体がのるような回転座標系を考えると,x軸上の3個の点および2天体とともに正三角形をなす2個の点は平衡点となる。つまり質量0の第三天体はそこで静止を続けることができる。これは1772年にJ.L.ラグランジュによって見つけられた解で,これらの点をラグランジュの平衡点という。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

フィンテック

IT(情報技術)を駆使した金融サービスの創出のこと。「金融(Financial)」と「技術(Technology)」を組み合わせた米国発の造語で、2008年のリーマンショック以降発展したとされている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android