コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

回転座標系 かいてんざひょうけいrotatory coordinate system

4件 の用語解説(回転座標系の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

回転座標系
かいてんざひょうけい
rotatory coordinate system

慣性座標系に対してある軸のまわりに回転している座標系。たとえば,メリーゴーランドに固定した座標系。地球に固定した座標系も自転を考慮すれば回転座標系である。回転座標系からみた運動を決める運動方程式ニュートンの運動方程式の力の項に3種の見かけの力 (遠心力,コリオリの力横慣性力

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

かいてん‐ざひょうけい〔クワイテンザヘウケイ〕【回転座標系】

慣性系に対し、回転運動をしている座標系。回転が一様な物体上の回転座標系で物体の運動を考えるときには、遠心力コリオリの力など慣性力が導入される。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

かいてんざひょうけい【回転座標系 rotatory coordinate‐system】

慣性座標系に対して回転している座標系。この上では遠心力およびコリオリの力という慣性力が生ずる。地球のまわりをほぼ円軌道を描く月は回転座標系に静止していると考えられ,地球から離れようとする遠心力と,地球への引力とがつり合っている。コリオリの力は回転座標系に対して動いている物体に作用する。地球自身も慣性座標系に対して回転しており,台風の進路が北(南)半球で右(左)に曲がるのはコリオリの力のためである。【藤井 保憲】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone