コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

回転座標系 かいてんざひょうけいrotatory coordinate system

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

回転座標系
かいてんざひょうけい
rotatory coordinate system

慣性座標系に対してある軸のまわりに回転している座標系。たとえば,メリーゴーランドに固定した座標系。地球に固定した座標系も自転を考慮すれば回転座標系である。回転座標系からみた運動を決める運動方程式はニュートンの運動方程式の力の項に3種の見かけの力 (遠心力コリオリの力横慣性力。→慣性力 ) を加えたものとなる。これらの見かけの力は座標系の回転に起因する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かいてんざひょうけい【回転座標系 rotatory coordinate‐system】

慣性座標系に対して回転している座標系。この上では遠心力およびコリオリの力という慣性力が生ずる。地球のまわりをほぼ円軌道を描く月は回転座標系に静止していると考えられ,地球から離れようとする遠心力と,地球への引力とがつり合っている。コリオリの力は回転座標系に対して動いている物体に作用する。地球自身も慣性座標系に対して回転しており,台風の進路が北(南)半球で右(左)に曲がるのはコリオリの力のためである。【藤井 保憲】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

かいてんざひょうけい【回転座標系】

慣性系に対し回転する座標系。この座標系で運動を記述する時は、慣性力(遠心力やコリオリの力など)を導入する必要がある。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

回転座標系の関連キーワードオイラーの運動方程式ラグランジュの特殊解ラグランジュの平衡点コリオリ効果フーコー振子スピンエコー非慣性系気象力学向心力偏向力渦度

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android