ラケダイモン

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ラケダイモン
らけだいもん
Lakedaimonギリシア語

ギリシア神話上の人物でゼウスとタユゲテの息子。彼はエウロタスの娘スパルテと結婚し、その王国を継いだという。彼の系譜に属するものの名はスパルタの地名と関連しており、神話は地名の由来を説明するものである。『イリアス』ではメネラオスの支配領域がラケダイモンとよばれている。またスパルタの公称はラケダイモンで、その国民(スパルタ市民とペリオイコイ)はラケダイモン人といった。[古山正人]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のラケダイモンの言及

【スパルタ】より

…ペロポネソス半島の南部,エウロタス川の西岸に位置した古代ギリシアのポリス。古代の正式の名称はラケダイモンLakedaimōn。現在名はスパルティSpárti。…

※「ラケダイモン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

荒唐無稽

[名・形動]言動に根拠がなく、現実味のないこと。また、そのさま。「荒唐無稽な小説」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android