ラザール レビ(英語表記)Lazare Lévy

20世紀西洋人名事典の解説


1882.1.18 - 1964.9.20
フランスのピアノ奏者,教育家。
ブリュッセル(ベルギー)生まれ。
1894〜1898年までピアノをディエメに、和声学をラヴィニャックに、作曲をジェダルジュに学び、ヨーロッパ各地でピアニストとして活躍。1920年パリ音楽院のピアノ教授。その後’53年まで、コルトーが創立者のひとりであるエコール・ノルマル音楽院と、スコラ・カントルム音楽院でも教鞭を執る。’50年来日、教え子野辺地瓜丸、原智恵子安川加寿子とも共演した。’53年にも再度来日。作品の中にビクターで録音したシューマンの「幻想小曲集」から2曲ほかもある。パリで死去

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android