コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラジオカーボンデーティング radiocarbon dating

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラジオカーボンデーティング
radiocarbon dating

天然に存在する炭素の放射性同位体炭素 14 ( 14C ) を用いる放射能年代測定法。炭素 14年代測定法ともいう。 1947年 W.リビーにより初めて行われた。宇宙線が大気中で生成する炭素 14は大気圏,水圏生物圏中でほぼ均一の濃度 (炭素中に約1兆分の1) で分布し,光合成や捕食により生物体に取込まれ,生体組織が死滅すると 5730年の半減期で減少するので,年代未知試料中の炭素 14の放射能を測定して死後から現在までの時間を知ることができる。その際,大気中の炭素 14の濃度は時間的に一定と仮定されている。実際にはこの濃度は数%の範囲で変化するが,そのための補正法も知られている。この方法では年代は 1950年を「現在」とし,B.P. (before presentの略) 何年と表わす。考古学,地質学,生物学への応用がきわめて広い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ラジオカーボンデーティングの関連キーワード炭素14福井岩陰白滝遺跡地史

今日のキーワード

届け出挙式

婚姻届を提出した後、そのまま自治体の役所で結婚式を挙げること。2017年2月、北海道苫小牧市が結婚情報誌「ゼクシィ」(リクルート)からの協力を受けて実施した。これを始まりとして、三重県鈴鹿市や東京都足...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android