コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラセイタ草 ラセイタソウ

デジタル大辞泉の解説

ラセイタ‐そう〔‐サウ〕【ラセイタ草】

イラクサ科の多年草。海岸の岩の間などに生え、高さ約50センチ。葉は対生し、広卵形で厚く、表面はしわがあってざらつき、手ざわりがラセイタに似る。夏、葉のわきから花穂を出す。ビロード草。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ラセイタそう【ラセイタ草】

イラクサ科の多年草。海岸に生える。茎は太く、高さ約50センチメートル。葉は広卵形で質が厚い。夏から秋、葉腋に太く短い花穂をつける。葉の上面に細かい皺しわがあってざらつく。ヤハズカラムシ。ビロードソウ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ラセイタ草の関連キーワードイラクサ科