ラセイタ草(読み)ラセイタそう

精選版 日本国語大辞典の解説

ラセイタ‐そう ‥サウ【ラセイタ草】

〘名〙 イラクサ科の多年草。北海道南東部、本州の太平洋側の海岸に生える。高さ六〇センチメートル内外。茎に粗毛を密布する。葉は長柄をもち対生。葉身は広卵形で縁に鈍鋸歯(きょし)がある。雌雄同株。夏、葉腋に淡黄色の小さな単性花をひも状につける。果実はごく小さく球状に密集してつく。葉の表面にいちじるしいざらつきがあり、毛織物のラセイタに似るところからいう。ビロードそう。〔日本植物名彙(1884)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android