ラセイタ草(読み)ラセイタそう

精選版 日本国語大辞典「ラセイタ草」の解説

ラセイタ‐そう ‥サウ【ラセイタ草】

〘名〙 イラクサ科多年草。北海道南東部、本州の太平洋側の海岸に生える。高さ六〇センチメートル内外。茎に粗毛を密布する。葉は長柄をもち対生。葉身は広卵形で縁に鈍鋸歯(きょし)がある。雌雄同株。夏、葉腋に淡黄色の小さな単性花をひも状につける。果実はごく小さく球状に密集してつく。葉の表面にいちじるしいざらつきがあり、毛織物のラセイタに似るところからいう。ビロードそう。〔日本植物名彙(1884)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「ラセイタ草」の解説

ラセイタ‐そう〔‐サウ〕【ラセイタ草】

イラクサ科の多年草。海岸のの間などに生え、高さ約50センチ。葉は対生し、広卵形で厚く、表面はしわがあってざらつき、手ざわりがラセイタに似る。夏、葉のわきから花穂を出す。ビロード草。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

猛暑日

日最高気温が 35℃以上の日。気象庁では 2007年4月から定義し使用を始めた。おもな都市の平年値(1981~2010)は,稚内 0日,札幌 0日,仙台 1日,新潟 3日,東京 3日,名古屋 12日,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android