コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラセイタ 〈ポルトガル〉raxeta

デジタル大辞泉の解説

ラセイタ(〈ポルトガル〉raxeta)

ラシャに似た毛織物で、地が薄く手ざわりがあらいもの。
[補説]「羅背板」とも書く。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ラセイタ【羅背板】

ラシャの一種。地が薄く、手ざわりのやや粗いもの。 〔「羅背板」とも書く〕

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

羅背板
らせいた

厚手の紡毛織物の一種。羅紗(らしゃ)に似ているが、羅紗より薄く、地は綾織(あやおり)で織り目の見える無地物である。江戸期に紅毛人により長崎にもたらされたもの。語源はポルトガル語のラーセタraxetaから転じたものである。[並木 覚]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ラセイタの関連キーワードラセイタソウ並木羽織

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android