ラトル(読み)らとる(英語表記)Sir Simon Rattle

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ラトル
らとる
Sir Simon Rattle
(1955― )

イギリスの指揮者。リバプールで生まれ、幼少期はピアノとパーカッションを学ぶ。1971年ロンドン王立音楽院に進学。19歳でジョン・プレイヤー国際指揮者コンクールで優勝。その後ボーンマス交響楽団、ボーンマス・シンフォニエッタの副指揮者に就任、3年間務めた後、ロイヤル・リバプール・フィルハーモニー、BBCスコティッシュ交響楽団、ロッテルダム・フィルハーモニーなどに迎えられ、1980年にはバーミンガム市交響楽団(CBSO)の首席指揮者兼芸術顧問に就任。1990年には同市響の音楽監督となり、イギリスを代表するオーケストラにまで育て上げ、数々の海外公演成功に導く。1981~1983年ロンドンの「サウス・バンク・センター夏の音楽祭」の芸術監督も務めた。
 1979年ロサンゼルス・フィルハーモニーを指揮してアメリカ・デビュー。1981~1994年同フィルの主席客演指揮者となる。この間、クリーブランド管弦楽団、シカゴ交響楽団、サンフランシスコ交響楽団、トロント交響楽団、ボストン交響楽団なども指揮する。1985年(昭和60)に初来日。また同年ロサンゼルスでオペラ『ウォツェック』を指揮し、アメリカでのオペラ・デビューを飾った。
 1992年エイジ・オブ・エンライトンメント管弦楽団の首席客演指揮者となり、バーミンガム現代音楽グループの芸術監督も務める。1993年には指揮者としては異例の若さで、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団の定期演奏会においてマーラー『交響曲第9番』でデビューし、絶賛される。日本には1985年以降も来日しており、1994年(平成6)来日の際は、マルタ・アルヘリッチと『プロコフィエフ/ピアノ協奏曲第3番』、ギドン・クレーメルと『エルガー/バイオリン協奏曲』という豪華なメンバーによる日本初共演が話題をよんだ。1998年長年指揮を行ったバーミンガム市交響楽団を退任。2002年ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団の常任首席指揮者に就任。
 その他の活動としては、1998年ウィーン・フィルとのザルツブルク音楽祭でのバーミンガム市交響楽団とのベートーベン全交響曲チクルス(連続演奏会)、ウィーン・フィルとのベートーベン・チクルスへの取り組みがあり、2001年には東京でも同公演が行われた。2000年にはBBCプロムス(BBCが主催する夏のプロムナード・コンサート)でロッテルダム・フィルハーモニック・オーケストラとオペラ『パルジファル』全曲演奏会を行う。
 ラトルは、EMIの専属アーティストとして、長年にわたりバーミンガム市交響楽団との共演録音をはじめ多くの録音を行い、リリースされたCDは数々の国際的な賞を受賞している。1995年シェーンベルクの室内交響曲第1番、管弦楽のための変奏曲『期待』は、管弦楽曲部門でグラモフォン賞受賞。1998年ピアノ奏者レイフ・オベ・アンスネスLeif Ove Andsnes(1970― )と共演したブラームス『ピアノ協奏曲第1番』の録音が『ル・モンド・ドゥ・ラ・ミュジク』Le Monde de la Musique誌による「ショック1998年」を受賞。1999年アルフレート・ブレンデルとの共演によるベートーベン『ピアノ協奏曲』全曲の録音はフランスの音楽専門誌『ディアパゾン』Diapason誌の年間最優秀レコーディング賞を受賞。2000年にはグラモフォン賞で、オペラ部門ではシマノフスキーの『ロゲル王』、およびベルリン・フィルとの共演のCD『マーラー交響曲第10番』はレコード・オブ・ザ・イヤーとベスト・オーケストラ賞を獲得し、グラミー賞ベスト・オーケストラ・パフォーマンス賞を受賞している。
 また、イギリスよりラトルの音楽界への貢献に対して、1987年名誉大英勲章(CBE)受章。1993年バーミンガム市交響楽団との活動によりモンブラン文化賞受賞。1994年には「ナイト・バチュラー」の称号(サーの称号を冠する一代貴族)が与えられた。バーミンガム、リーズ、リバプール、オックスフォードの各大学とバーミンガム音楽院からは名誉博士号が贈られている。1995年フランス文化大臣より芸術文化勲章を受章。1997年『BBCミュージック・マガジン』BBC Music Magazine誌より優秀功労賞受賞。1999年にはバーミンガム市交響楽団とともに、その長年にわたる優れた音楽活動に対し、サウス・バンク・ショー賞(同名のイギリスのテレビ番組が主催)が与えられた。[小沼純一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ラトルの関連情報