ラトローブ(英語表記)Latrobe, Benjamin Henry

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「ラトローブ」の解説

ラトローブ
Latrobe, Benjamin Henry

[生]1764.5.1. リーズ近郊フルネック
[]1820.9.3. ニューオーリンズ
イギリス生れのアメリカの建築家,エンジニア。ドイツ,イギリスで学んだのち,1796年バージニア州に移住。リッチモンドに州刑務所を設計し,純粋のイオニア式オーダーを初めて採用した。 98年フィラデルフィアのペンシルバニア銀行を設計,石造のボールトを載せた円堂の前面ギリシア神殿ファサードをつける様式を初めて紹介する。同市の水門建築 (1811~19) は建築とエンジニアを結合させた秀例。 1803年にジェファーソン大統領から首都の公共建造物調査を依頼され,国会議事堂の完成工事を監督。ボルティモア大聖堂 (05~18) はアメリカ最初の新古典主義様式の傑作

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版「ラトローブ」の解説

ラトローブ【Benjamin Henry Latrobe】

1764‐1820
アメリカ最初の職業建築家。イギリスのリーズ近郊生れ。ロンドンで実務に就いた後,1796年渡米。フィラデルフィアのペンシルベニア銀行の設計競技に入選(1798),正統な古典様式を実現し,アメリカにおけるギリシア復興様式(グリーク・リバイバル)の父と呼ばれる。他に同様式でボルティモアのローマ・カトリック大聖堂(1818)を設計。アメリカ国会議事堂の建設にもたずさわった。【山口

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

粉骨砕身

骨を粉にし、身を砕くこと。力の限り努力すること。一所懸命働くこと。[活用] ―する。[使用例] こうなったら、粉骨砕身、身をなげうって社長の政界入りをお手助けせにゃあ[三島由紀夫*近代能楽集|1950...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android