コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラベオ ラベオ Labeo, Marcus Antistius

2件 の用語解説(ラベオの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラベオ
ラベオ
Labeo, Marcus Antistius

[生]前50頃
[没]後18頃
ローマ法史上,初期古典時代を代表する法学者。彼の父もブルータスサークルに属し,彼も同じく共和主義的立場に固執し,アウグスツス帝から提供された法律顧問の地位を固辞した。当時の法学者に珍しく政治から遠ざかり,法学の研究と教育に従事した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ラベオ【Marcus Antistius Labeo】

ローマ法古典期(元首政期)初期の代表的法学者。生没年不詳。南部イタリアの家系に属し,法務官は務めたが,アウグストゥス帝により提供されたコンスルの職を拒否したことが伝えられる。法学上の問題にしばしば新しい道を切り開き,また,哲学,弁論術,文法学などに幅広く通じ,すでに存命中より法学者としてきわめて高い評価が与えられ,プロクルス派(プロクルスS.Proculusを中心とするローマ法学の学統)の祖とする伝承も存在する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ラベオの関連キーワードウルピアヌスガイウスコーイングパウルスパピニアヌスローマ法元首政西ゴート・ローマ法典ローマ法学《ローマ法の危機とローマ法学》

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone