コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラベオ Labeo, Marcus Antistius

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラベオ
Labeo, Marcus Antistius

[生]前50頃
[没]後18頃
ローマ法史上,初期古典時代を代表する法学者。彼の父もブルータスのサークルに属し,彼も同じく共和主義的立場に固執し,アウグスツス帝から提供された法律顧問の地位を固辞した。当時の法学者に珍しく政治から遠ざかり,法学の研究と教育に従事した。ギリシア哲学やローマ古代の文物に関する広い知識と豊かな法的創造力をもち,総数約 400の法律論文を書き,後世に大きな影響を与えた。彼のきわめて的確な定義は,後代の法学者たちの概念形成の指針となった。ローマ法学史上有名なプロクルス派サビヌス派の2学派の対立は,ラベオとその論敵 G.カピトとの対立に由来するといわれる。主著『告示注解』 Ad edictum libri XXX,『十二表法注解』 Ad legem XII tabularum,『神官法論』 De iure pontificio,『解答録』 Responsaは現在,直接伝わらない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ラベオ【Marcus Antistius Labeo】

ローマ法古典期(元首政期)初期の代表的法学者。生没年不詳。南部イタリアの家系に属し,法務官は務めたが,アウグストゥス帝により提供されたコンスルの職を拒否したことが伝えられる。法学上の問題にしばしば新しい道を切り開き,また,哲学,弁論術,文法学などに幅広く通じ,すでに存命中より法学者としてきわめて高い評価が与えられ,プロクルス派(プロクルスS.Proculusを中心とするローマ法学の学統)の祖とする伝承も存在する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

ラベオの関連キーワードサビーヌス熱帯魚

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android