コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラメット兄弟 ラメットきょうだいFrères Lameth

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラメット兄弟
ラメットきょうだい
Frères Lameth

(兄) シャルル・マロ・フランソア  Charles (-Malo-François),Comte de   1757. パリ~1832. パリ 
(弟) アレクサンドル・テオドール・ビクトール  Alexandre (-Théodore-Victor)   1760. パリ~1824. パリ 
兄弟ともにフランス革命の三頭派の指導者。ラメット家は古い武門の貴族。4人兄弟のうちシャルルは3男でアレクサンドルは末弟。ともにアメリカ独立戦争に参加した。 1789年全国三部会に兄はアルトアの,弟はペロンヌの貴族代表となった。国民議会に参集したのち,兄弟とも立憲君主主義者として A.バルナーブ,A.デュポールと結び三頭派を形成し議会の主導権を握った。 92年8月 10日の革命後,兄はハンブルクに,弟はオーストリアに亡命。ナポレオン時代に入って帰国し,兄はスペイン征服軍に参加し,さらに王政復古後の 1829年代議士となり,30年の革命後は保守主義者に変った。弟は県知事に任命され,帝国貴族に列せられた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ラメット兄弟の関連キーワードフイヤン・クラブフイヤン派

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android