コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラリベラ Lalibela

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラリベラ
Lalibela

エチオピア中北部の町。古称ロハ Roha。アジスアベバ北方約 350kmに位置。かつて 300年間にわたりザグエ朝の王都であった。最盛期はラリベラ王の時代 (1181~1221) で,彼の建立した 11の古い聖堂は,1978年世界遺産の文化遺産に登録。 1000人以上のコプト教会の司祭が祭礼に参加し,祭日には多数の巡礼が集まる。聖堂は赤色凝灰岩を掘り下げ,内部を刻んでつくられている。国内航空の空港がある。人口 6232 (1989推計) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ラリベラ(Lalibela)

エチオピア北部の町。エチオピア高原の北東部に位置する。旧称ロハ。12世紀にザグウェ王朝の首都が置かれ、ラリベラ王の名が冠された。一枚岩を刳(く)り貫いて造られた聖救世主教会聖ゲオルギウス教会をはじめ、エチオピア正教会の教会堂が点在する。1978年「ラリベラの岩窟教会群」として世界遺産(文化遺産)に登録された。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内のラリベラの言及

【エチオピア】より

…今日知られるキリスト教美術の遺産は主として11世紀以降のもので,特に注目されるのは岩窟聖堂である。その代表的なものはアジス・アベバ北方の聖都ラリベラLalibelaに見られる。ここには諸種の形式をもつ数群の聖堂があるが,それらは岩層に方形の溝を深く掘り,その中央部を内部外部とも野外に建造した聖堂と同じ構造に仕上げたもので,そこにアクスム王国様式の伝統やシリアおよびコプト建築(コプト美術)の影響を見ることができる。…

※「ラリベラ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ラリベラの関連キーワードフカル川タカゼ川

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android