一枚岩(読み)いちまいいわ

精選版 日本国語大辞典「一枚岩」の解説

いちまい‐いわ ‥いは【一枚岩】

〘名〙
① 一枚の板のようになった大きな
※吾輩は猫である(1905‐06)〈夏目漱石〉一一「真中に八畳敷程な一枚岩があって」
② (比喩的に) 組織や団体などが、内部分裂や意見の違いなど無く、しっかりとまとまっていること。また、そのもの。
※粛清とはなにか(1957)〈平野謙〉「『一枚岩』のように党を守ろうとして」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「一枚岩」の解説

いちまい‐いわ〔‐いは〕【一枚岩】

1枚の板のように平らで大きな岩。また、そのように、組織などがしっかりとまとまっていることのたとえ。「一枚岩の結束を誇る」
[類語]岩石巨岩岩根磐石奇岩岩壁大石・奇岩怪石・岩肌

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラス「一枚岩」の解説

一枚岩

和歌山県東牟婁郡古座川町にある道の駅。国道371号に沿う。国指定の天然記念物「古座川の一枚岩」の対岸にある。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android