コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一枚岩 イチマイイワ

デジタル大辞泉の解説

いちまい‐いわ〔‐いは〕【一枚岩】

1枚の板のように平らで大きな岩。また、そのように、組織などがしっかりとまとまっていることのたとえ。「一枚岩の結束を誇る」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

一枚岩

和歌山県東牟婁郡古座川町にある道の駅。国道371号に沿う。国指定の天然記念物古座川の一枚岩」の対岸にある。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

大辞林 第三版の解説

いちまいいわ【一枚岩】

一枚の板のようになっている大きな岩。
組織や団体が、内部に分裂や対立を含まずしっかりとまとまっていること。 「 -の団結を誇る」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

一枚岩の関連キーワードナッシュ(Paul Nash)和歌山県東牟婁郡古座川町相瀬和歌山県東牟婁郡古座川町ウルルカタジュタ国立公園チャウットージーパゴダマウントオーガスタスメンザクリスティ教会聖ゲオルギウス教会シュラバナベルゴラ古座川県立自然公園ヨセミテ国立公園エアーズロックエルキャピタンテオドリック廟モノリシック古座川(町)古座川[町]聖救世主教会シベベロックボネドパップ

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

一枚岩の関連情報