コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラレス Lares

翻訳|Lares

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラレス
Lares

古代ローマの家の守護神たち。神話によれば,母親ララはあるとき,ユピテルから,かねて求愛しているニンフのユトゥルナに対する思いをとげるための助けを求められたが,最高神を裏切って,その計画をユノとユトゥルナに告げ口してしまった。怒ったユピテルは,ララの舌を抜取り,メルクリウスに命じ,彼女を地下界に連れていかせたが,この女神を愛したメルクリウスは途中で彼女と交わり,ラレスたちを生ませたという。家のほかに,道や,畑,四つ辻などもラレスの保護を受けると信じられた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ラレス【Lares】

古代ローマの宗教で,さまざまな場所の守護神。単数形はラルLarであるが,一般に複数形ラレスが用いられる。とりわけ家族の守護神ラレス・ファミリアレスLares Familiaresは,ペナテスとともにすべての家の小さな祠堂に神像が安置され,暦の特定の日や結婚式のように,なにか家族に重要なできごとがあった日に,供物をそなえて拝まれた。このほか,四つ辻の守護神ラレス・コンピタレスLares Compitales,道路と旅人の守護神ラレス・ウィアレスLares Viales,国家の守護神ラレス・プラエスティテスLares Praestitesなどがあり,最後のものはローマ市の聖道Via Sacraの最高地点に神殿があった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のラレスの言及

【ローマ】より

… 今やローマの国家構造と支配の一大変革期であった。この変革期を乗り切るために,ローマの支配層は,民会を基礎にして政治を動かそうとする民衆派(ポプラレス)と,元老院の権威を背景に事を進めようとする閥族派(オプティマテス)に分かれて,権力闘争を繰り広げた。こうして,マリウス派を一掃して殺戮し恐怖政治を敷いた閥族派スラ,スラの外征中に一時政権を握った民衆派のキンナ,スラの死(前78)後,再び民衆派路線に復帰した,かつてのスラの領袖ポンペイウスとクラッスス,そして再び元老院に接近したポンペイウスを倒すカエサルらが相次いで現れた。…

※「ラレス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ラレスの関連キーワードモラレス(Cristóbal de Morales)モラレス(Luis de Morales)アレクサンドロス[トラレス]メンディエタ・イ・モンテフルマルコ・アントニオ バレラ勢いを増す南米の左派政権A. ファン・ヘネップイシドロス[ミレトス]ボリビア・モラレス政権モラレス・ベルムデススルピキウス・ルフスケンドリー モラレス米州ボリバル代替構想イグナティオスの手紙ホエル カサマヨルロペス・アレリャノダニー ガルシアコンプソグナサスT. プエンテオプティマテス

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android