コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラロトンガ[島] ラロトンガ

百科事典マイペディアの解説

ラロトンガ[島]【ラロトンガ】

南太平洋,クック諸島の南グループに属する火山島サンゴ礁に囲まれた円形の島。オレンジ,トマト,バナナ,コプラなどを産する。クック諸島の行政中心で,北岸のアバルアが主都。
→関連項目ラロトンガ条約

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ラロトンガ[島]【Rarotonga Island】

南太平洋,ポリネシアのクック諸島(ニュージーランド領)の主島。面積67km2,人口1万1000(1991)。火山島で最高点は652m,周囲はサンゴ礁に囲まれているため,大型の船は入港できない。海洋性熱帯気候で,年平均気温24℃,年平均降水量2000mm。内陸部は急峻な火山で熱帯樹林に覆われ,木材が豊富である。人々は河川はんらんなどによって土地が肥沃となった海岸部に住む。かつてのタヒチからニュージーランドへのポリネシア人の移動の中継地として,数多くの神話,伝説がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ラロトンガ[島]の関連キーワード南太平洋フォーラムポリネシア[人]

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ラロトンガ[島]の関連情報