コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラ・クール ラ・クール La Cour, Paul

2件 の用語解説(ラ・クールの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラ・クール
ラ・クール
La Cour, Paul

[生]1902.11.9. ヘルフマーグレ
[没]1956.9.20. ロスキレ
デンマークの詩人。リルケに近い詩人で,甘美で絵画的な詩風から次第に内省的になり,第2次世界大戦中から戦後にかけては実存的傾向を深め,芸術派の代表的詩人となった。代表作は『われ一切を求む』 Alt kræver jeg (1938) ,『剣と剣の間』 Mellem Sværdene (42) ,『生きた水』 Leverde Vande (46) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ラ・クール
らくーる
Paul La Cour
(1902―1956)

デンマークの詩人。芸術派の代表詩人で、作風はリルケに近く、初期の絵画的、印象的詩風から後期の実存主義的詩風への展開も似ている。第二次世界大戦中は沈黙し、現代詩のあり方に思いを潜め、戦後は社会派詩風の風靡(ふうび)するなか、美的実存主義的立場を守り抜いてデンマーク詩壇の象徴的存在となる。代表詩集に『われ一切(いっさい)を求む』(1938)、『生きた水』(1946)など。ほかに大戦中の日記の抜粋『ある日記の断片』(1948)は彼の生き方や詩の方法について鋭い思索を示し高い評価を受けた。[山室 静]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ラ・クールの関連キーワードブラフマーサマーブラフマサマージアルファ波SFマークティーマークフルフェースヘルメットウルフマンQoo とってもヘルシー グレープセルフ・マーダー・シリーズ

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ラ・クールの関連情報