ラ・ロシュフーコー=リアンクール公(読み)ラ・ロシュフーコー=リアンクールこう(英語表記)La Rochefoucauld-Liancourt, François-Alexandre-Frédéric, duc de

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラ・ロシュフーコー=リアンクール公
ラ・ロシュフーコー=リアンクールこう
La Rochefoucauld-Liancourt, François-Alexandre-Frédéric, duc de

[生]1747.1.11. ラロシュギヨン
[没]1827.3.27. パリ
フランスの政治家。救貧対策に関心をもち個人の自由を主張する自由主義貴族で,1780年自己の所領に模範農場と技芸学校を創設。 89年全国三部会の貴族身分代表に選ばれ,7月の民衆騒乱に際し国王ルイ 16世の「あれは反乱か」の問いに「いや陛下,革命です」と答えたことで知られる。 92年の八月十日事件でイギリス,次いでアメリカに亡命。 99年帰国し,王政復古後,上院議員として活躍したが非妥協的で,1825年引退を強いられた。 21年科学アカデミー会員。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

スト破り

ストライキの際、使用者側について業務を続けること。特に、使用者がストライキに対抗して雇用者の一部や外部からの雇用者を就業させること。また、その労働者。スキャッブ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android